業界リーダー達の情報サイト

代表取締役社長 -

トレードシフトジャパン編集部

トレードシフトジャパンに関するニュースの発信や様々なトピックに関する情報提供をしています。 記事に関するお問い合わせについては jpninfo@tradeshift.com までご連絡ください。

法務のプロに聞く電子契約―専門家から見た電子契約のメリットや注意点

契約書の電子化に興味はあってもなかなか始められない方々のため、電子契約を始める上での必要な準備や注意点などについて、法務の専門家である、みなと青山法律事務所の馬渕泰至弁護士にお話を伺いました。

電子契約サービス「WAN-Sign」と「Tradeshift」が連携 ~電子契約から電子請求・決済まで、同一プラットフォーム上で完結させデジタル化を実現~

ワンビシアーカイブスの「WAN-Sign」とTradeshiftは本日2020年6月2日(火)よりサービス連携を開始いたしました。
契約情報と受発注、請求情報が連携し、トータルなソリューションを実現できます。

営業職のテレワークを考える上で知っておくべき考え方 – インサイドセールスの現状や導入する際に必要な環境整備について

近年、在宅勤務などのリモートワークを推奨する企業が増えています。対面での商談が当たり前だった営業職においても、働き方の再考が迫られています。そのヒントとなる考え方が、海外で広がるインサイドセールスです。今回は日本におけるインサイドセールスの現状や、日本企業が導入する際に必要な環境整備について解説します。

営業職のテレワークを考える上で知っておくべき考え方 – インサイドセールスとは

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響拡大により、在宅勤務などのテレワークを実施する企業が増加しています。営業職のテレワークを考える上で知っておくべき考え方「インサイドセールス」についてご紹介します。

トレードシフト、代表取締役社長交代のお知らせ

世界最大規模の企業間取引のビジネスソーシャルプラットフォーム「Tradeshift」を提供する、トレードシフトジャパン株式会社(以下、トレードシフトジャパン)は、2020年1月1日付で代表取締役社長を交代することを決定いたしました。新代表取締役社長には現ゼネラルマネジャーの菊池孝明が就任いたします。

Ardent Partners社のePayables Technology AdvisorでTradeshiftの買掛金ソリューションがクラス最高にランク

米国ボストンに本社を構え、企業の購買・調達プロセスの調査・コンサルティングで著名なArdent Partners社から、3月5日に買掛金(AP)ソリューション市場を評価するレポート「2019 ePayables Technology Advisor」が発表され、Tradeshiftは報告書の中でベスト・イン・クラスの最高評価を受けました。

電子文書と電子化文書の違いとは? デジタル化で業務効率をアップする

業務効率化を目的とした文書の電子化を推進する企業や組織が増えています。文書を電子化する方法は大きく分けて「電子文書」と「電子化文書」の2種類がありますが、名称は似ていてもその性質は全く異なります。今回は、電子文書と電子化文書の違いについて分かりやすく解説します。