業界リーダー達の情報サイト

ゼネラルマネージャー -

トレードシフトジャパン編集部

トレードシフトジャパンに関するニュースの発信や様々なトピックに関する情報提供をしています。 記事に関するお問い合わせについては jpninfo@tradeshift.com までご連絡ください。

Ardent Partners社のePayables Technology AdvisorでTradeshiftの買掛金ソリューションがクラス最高にランク

米国ボストンに本社を構え、企業の購買・調達プロセスの調査・コンサルティングで著名なArdent Partners社から、3月5日に買掛金(AP)ソリューション市場を評価するレポート「2019 ePayables Technology Advisor」が発表され、Tradeshiftは報告書の中でベスト・イン・クラスの最高評価を受けました。

電子文書と電子化文書の違いとは? デジタル化で業務効率をアップする

業務効率化を目的とした文書の電子化を推進する企業や組織が増えています。文書を電子化する方法は大きく分けて「電子文書」と「電子化文書」の2種類がありますが、名称は似ていてもその性質は全く異なります。今回は、電子文書と電子化文書の違いについて分かりやすく解説します。

マーケティングオートメーションで失敗しないためのポイントとは?

見込み客に対して自動的に最適なアプローチをしてくれるため、うまく活用できれば圧倒的な業務の効率化を実現するマーケティングオートメーション。しかし運用がうまくいかずその効果を発揮できていない企業も多いのではないでしょうか。そこで今回はよくある失敗パターンから失敗しないポイントをまとめます。

現場に丸投げはNG!働き方改革成功のカギはITに在り!

政府が推進している働き方改革。多くの企業が改革への取組を始めていますが、うまく進められず、今さまざまな課題を持つ企業が多くあります。残業規制や休み方の制度を整えるだけでは改革とは言えません。なぜ働き方改革はうまく進まないのか、改善のポイントはどこにあるのか、などについて考えてみたいと思います。

仮想通貨だけではない!広がりを見せるブロックチェーンの活用事例

仮想通貨の取引を支えるブロックチェーンですがさまざまな分野のビジネスに活用範囲を広げています。前後の取引を照合して可視化する仕組みや、サーバーへの負荷を分散させるなど、ブロックチェーン技術の導入によって課題やリスクを低減させた事例を紹介します。

「GMO電子契約サービスAgree」とグローバル電子取引プラットフォーム「Tradeshift」が連携 ~電子契約から請求・決済まで、同一プラットフォーム上で完結~

GMOインターネットグループのGMOクラウド株式会社が提供する「GMO電子契約サービスAgree」は、トレードシフトジャパン株式会社が提供するグローバルな電子取引プラットフォーム「Tradeshift」とのデータ連携を開始しました。また、両社は双方のサービスを販売する代理店として、両社が持つ販売網を共有し販売活動を行っていきます。

ブロックチェーンの仕組みとは?図解で知る基礎知識

ビットコインなど多くの仮想通貨を支えるブロックチェーン。インターネット以来の革命とも言われ、その高い改ざん耐性から仮想通貨以外の分野でも食品のトレーサビリティなどで利用が進んでいます。注目の集まるブロックチェーン技術について、本記事では図を用いながら仕組みをわかりやすく紹介します。

【IoT時代】スマートシティの事例紹介

IoTの仕組みを活用して街の設備から取得したデータを生活インフラ・サービスに還元し、効率的な管理・運営で街づくりを行う「スマートシティ」が国内外で進んでいます。なぜ今スマートシティに注目が集まるのか、スマートシティ先進国の海外都市の事例をメインに、国内での取り組みについても紹介します。

電子契約にデメリットはあるのか?導入前の注意点とは

従来の契約フローが電子化によりシンプルになる「電子契約」。ペーパーレスゆえのスピーディな取引やコスト削減が可能となりますが、導入によるデメリットはあるのでしょうか?社内はもちろん、取引先にも影響のある電子契約について、導入前に押さえておきたいポイントを紹介します。

【電子契約とは】締結業務の迅速化と印紙税などのコスト削減を同時に実現

徐々に普及し始めている電子契約。インターネットなどの通信回線を使って電子文書のやり取りを行い、契約締結まで完了させる方法です。手間のかかる契約書作成プロセスを大幅に効率化しコスト削減も実現する電子契約について解説します。