業界リーダー達の情報サイト

トレードシフト編集部

2023年は電子インボイス元年?国際規格「Peppol(ペポル)」準拠で請求書のデジタル化を推進

2023年は日本における“電子インボイス元年”と呼べるほどの変化が起きる年になるでしょう。インボイス制度の導入によって、企業間でやり取りされる請求書や納品書のデジタル化が推進されるなど、電子インボイスの導入や対応が一層求められるようになることが想定されます。日本社会では未だに紙の請求書や納品書のやり取りが中心なだけに、来るインボイス制度の導入に向けた変革が必要になるでしょう。そうした請求書のデジタル化時代を目前に控えた中で、注目されているのが国際規格の「Peppol(ペポル)」です。

ビジネス上の利益を生む買掛金管理のデジタル化に迫る――買掛金管理の実態と課題とは

リーマン・ブラザーズ・ホールディングスの経営破綻に端を発した2008年の金融危機(リーマンショック)。 株価暴落や大不況という世界的な混乱から10年以上が経った現在、金融業界は“新たな苦境”に立たされています。それは新型コロナウイルス感染症による市場の混乱です。いわゆる“コロナショック”以降、金融機関はキャッシュフローの確保とリスクの最小化に躍起になっています。